• ULSJ

旧マシンから新マシンへのご導入をご検討のお客様へ

最終更新: 2019年5月14日

通常、他社製レーザーマシンはレーザー発振器がネジで固定されているため、簡単に取り外すことができませんが、ユニバーサルレーザーマシンはレーザー発振器を簡単に脱着することができます。


ユニバーサルマシンのメリットとして、新しいレーサーマシンを導入するときに旧タイプのレーザーマシンをお持ちであれば、レーザー発振器を転用することができるため、レーザーマシン本体のみの購入費用で済みます。(エアーコンプレッサー・強制排気装置などのサードパーティーは既設をそのまま使用)


他社製レーザーマシンでは不可能ですが、ユニバーサルレーザーマシンは20年近く前からご導入されているお客様にとって、このシステムがとても好評をいただいています。


※対象機種は下記を参照。お持ちのレーザーマシン背面にあるシリアルプレートから型式を確認できます。

C200 / M00 / M CLASS / M300 / M360 / V00 / V CLASS / V400 / V460 / X00 / X CLASS / X600 / X660 / X2-660






例えば、C200-25WやM300-30Wをお持ちの場合、VLSシリーズやPLSシリーズ、大型機種のILSシリーズへのアップグレードも可能です。ULタイプからULRタイプへの発振器変更手続きが必要ですが、あたらに新品を導入するよりもリーズナブルに導入できます。


旧マシンから新マシンへのご検討中のお客様は「お問い合わせ」ページからご相談を承ります。



#旧タイプマシン

#アップグレード

0回の閲覧

© 2016  Proudly created universal laser systems JAPAN